Career

キャリア

どうする?意外な企業からのプライベートオファー

Tech総研
2006年1月10日 / 10:00
 
 
「リクナビNEXTスカウト」の中でも今、注目を集めているプライベートオファー。ではもし実際に受け取ったとき、どう対応すればよいのか? について、今回は深く探ってみた。

■リクナビNEXTスカウト「プライベートオファー」(以下PO)とは?
POは、企業が一人ひとりのレジュメをじっくり見て、興味をもった登録者に送られるので、POを受け取った当事者は、送られた企業の求める人物像に非常に近い。従ってPOによる転職活動は、企業側、登録者側双方にとって“ズレ”の少ない、非常にフィット感の高い効果を得られる。
はじめに:一通のプライベートオファー(PO)に込められた、企業側の熱意
 冒頭でも触れたがPOはまず、あらかじめ登録したレジュメ(職務経歴・自己PR・キャリアプランなど)を企業側が「熟読」し、その中から「会って話がしたい」と思う登録者個人に対して直接メッセージを送る、いわば「ラブレター」のようなもの。

 熟読するスタイルとして、登録者が過去にどのような経緯でスキルアップやキャリアを積んできたのか? そして将来、どんなフィールド・ポジションで活躍していきたいのか?まで、企業側と登録者との「過去」と「未来」のベストマッチングを考え、「この方こそ!」という登録者にのみ厳選して送っている。
そうした経緯をたどって送られた一通のPOには、企業側の、登録者に対する「とにかく会って話がしたい!」という一途な思いが込められている。

  ではその熱い思いが込められたPOを受け取ったとき、どのように対応すればよいのか? 今回はPOを受け取った時点のエンジニア登録者の、PO送信先企業に対する関心度合いを、以下の4段階に分類。
興味関心が高い!できればすぐに会って話がしたい
興味関心はあるけれど、少し事前に聞いてみたいことがある
突然のPOにうれしい半面、正直戸惑っている
全く興味関心がわかない
 
プライベートオファー(PO)受け取り後のスマート対応術
「興味関心が高い」編
1 のケースについては、真っ先に「すぐに会って具体的な話がしたい」という意思を伝えるべき。
 それは、企業側があなた一人だけに対してPOを送っているわけではないため。そのため早めに関心がある旨の意思表示をしないと、先を越されて他の候補者が内定してしまう、というような事態も十分に想定されるからだ。

 ではそれ以外の2〜4のそれぞれのケースごとに、「POを受けてからの最初の返信メールで、こんな質問・主張をしてみては?」という具体例を紹介していきたい。
プライベートオファー(PO)受け取り後のスマート対応術
「興味関心がある」編
待ちに待ったPOが届いた興奮も冷めぬ中、さらにその送信元は前々から気になっていた意中の企業! という“相思相愛”なケースを想定。
 POの文面を見ても任される仕事やポジションなど、かなり自分の志向性にマッチした内容であれば、基本的には先述した、「1 興味関心が高い」と同じ理由で、すぐに会いたい旨の返信メールをするべき。またその時、受け取った時の気持ちを付け加えるとよりベター。
 ただし、以下の具体例のような点で引っかかるのであれば、会う前の返信メールで質問してみるのも、「スマート対応術」といえる。
ケース1:PO抜粋 「実力・成果次第で給与は大きく変動します」反応「年収の昇給率は?評価の基準は?
 POの文面には、「実力・成果次第で給与は大きく変動します」とあったけど、実際にその成果・実績は「何をベースに?」「どんな人が評価するの?」「どれだけ頑張ったら、最高どれだけもらえるの?」といった、より具体的な評価基準をストレートに聞きたい。
ケース2:PO抜粋 「確約できませんが、現年収○○○万円以上を用意させていただくつもりです」反応「私はズバリ○○万円以上を要求したい」
 POの文面には、「確約できませんが、現年収○○○万円以上を用意させていただくつもりです」とあったけど、本音はズバリ「○○○万円」は譲れない。だから最初の返信でぜひ、伝えたい。
ケース3:PO抜粋 「あなたにとって最高の開発環境を提供します」反応「実際使用するマシンの機種は?性能は?」
 POの文面には、「あなたにとって最高の開発環境を提供します」とあったけど、もっと具体的なマシンのスペックを知りたい。スペックが高ければ生産性の向上や余計なストレスの回避にもつながり、日々の業務を効率よくこなすためには重要な要素。
ケース4:PO抜粋 「あなたのご期待に沿えるトレーニング環境を用意しています」反応「私が希望するトレーニングは、○○○……」
 POの文面には、「あなたのご期待に沿えるトレーニング環境を用意しています」とあったけど、私が希望する分野は、かなり専門性が高くて正直、周りを見回してもトレーニングを受けられそうもない状況。だからこそ聞きたい!
 
続いては「プライベートオファー(PO)受け取り後のスマート対応術「戸惑った時」編」を紹介!

▼続きはこちら!

>> どうする?意外な企業からのプライベートオファー


最新の転職・求人情報は、japan.internet.com キャリア を御覧ください。

記事提供:エンジニアのための「いつかは転職」ブレーン【 Tech総研 】

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites