space.gif space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gif space.gif
コミュニケーション
年代別表示
ICチップを使ったサービス、8割が普及に前向き(2002年11月21日)
IC カードや IC チップを使ったサービスを利用したことのある人は約1割。だが、今後サービスが普及してほしいという人は8割を超えることがわかった。
IC チップを使った情報サービスについて調査詳細・DL
ネットはじめてから、「体の不調を感じる」ユーザーは5割(2002年11月07日)
インターネットを始めてから、「体の不調を感じるようになった」というユーザーは約5割。肩こりがひどくなった、視力が落ちたというユーザーが6割以上を占めることがわかった。
インターネットと健康について調査詳細・DL
家庭向け IP電話の利用実態― 利用者8割以上が「満足」(2002年10月25日)
固定電話機を利用する IP電話サービス利用者への調査で、全般に満足度が非常に高いことがわかった。ポイントは「従来のまま」使える、だ。
固定電話機利用の個人向けIP電話について調査詳細・DL
もう飽きた? 出会い系サイト、44%が「利用時間が減少」(2002年10月23日)
出会い系サイトの利用時間が減ったユーザーは44%。その大半が飽きた、面白くなくなったことを理由にあげている。
出会い系サイトについて調査詳細・DL
暑中見舞いは「ネット」でも、年賀状は「はがき」根強く(2002年10月15日)
暑中見舞いはインターネットで・・・という人も、年賀状ははがきで出したいという意向がまだまだ強いようだ。
グリーティングカードについて調査詳細・DL
「アバター」日本における普及の行方は? 利用意向は34%(2002年10月10日)
多くのユーザーがテキストのみのチャットに満足。「アバター」を使ったチャットの利用意向は34%にとどまった。
チャットについて調査詳細・DL
ハイテクおもちゃに賛否両論?「買い与えたくない」母親は約半数(2002年10月08日)
小さいころからハイテク機器に慣れてほしい・・・そう考える父母は70%。母親より父親の方が、ハイテクおもちゃの購入に積極的なことが明らかになった。
ハイテクおもちゃについて調査詳細・DL
ケータイ付属のカメラ、求める方向性は二極分化?(2002年10月04日)
カメラ付き携帯ユーザーへの調査によると、今後カメラの機能が機種決定のための大きなポイントになると考えているユーザーは3割。ただし求める具体的機能はバラバラのようだ。
カメラ付き携帯電話の利用について調査詳細・DL
インターネット上のコミュニティの利用動向(2002年09月30日)
調査によると、インターネット上のコミュニティに参加経験のあるユーザーは約4割。うち56%は複数のコミュニティに参加している。
インターネット上のコミュニティの利用動向調査詳細・DL
健康管理にもネットを活用、73%のユーザーが意欲(2002年09月19日)
医療情報の提供や相談、健康診断の申し込みなど可能なサービスについては利用意欲が高いことがわかった。
インターネットを使った健康診断について調査詳細・DL
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 次へ
presented by japan.internet.com
space.gif space.gif

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites